講義コード15881205
授業番号
授業科目名地域政策プロジェクトデザイン
科目名(英題)Practical Training Program for Regional Management
講義題目
授業科目区分展開科目
開講年度2015
開講学期通年集中 4/15, 4/25, 5/16, 5/17, 5/30, 6/6, 6/20, 7/11, 7/25, 8/8, 8/22, 9/5, 10/7
曜日時限集中
必修選択選択
単位数4.0
担当教員谷口 博文
対象学部等
対象学年修士1年 修士2年 博士1年 博士2年 博士3年 博士4年
開講地区博多駅サテライトキャンパス
履修条件原則として全ての授業に参加できることを条件とする。(多数の場合は選抜)
授業概要テーマ:地方創生総合戦略に関する事例研究 〜成功のための条件〜
政府が進めている「まち・ひと・しごと総合戦略」の政策パッケージのうち、4つのプロジェクトを取り上げ、海外や過去の事例の成功・失敗要因を分析して、自治体や事業体がプロジェクトを実施する際の実践的な処方箋を作成し提言する。
4つのプロジェクト(担当教員)は次の通り。
地域産業集積・地域ブランド(都甲康至) / 公共施設マネジメント(谷口博文) / オープンデータ・ビッグデータ(村上和彰) / CCRC(高齢者健康コミュニティ)(馬場園明)
全体の教育目標政策の企画立案能力および実践応用力を持ち、現実に地域のために実施可能な施策事業を提案できる人材の育成を目的とする。
個別の学習目標地方自治体などの地域政策担当者に参考となるレベルの具体的な成果を出すことを目標とする。
授業計画ガイダンスを除いて全12回の授業を予定しており、そのほかグループ主体で2回程度のフィールドワークを行う。
[日程]
大学院生向けガイダンス(4/15(水)5限16:40~18:10 箱崎理系地区21世紀交流プラザⅠ1F多目的ホール)に参加すること。
全体ガイダンス 4/25(土)13:00~14:30 電気ビル共創館6F 九州経済連合会会議室
第1回(5/16) 全日 共創館コンファランスA 開講記念講演等
第2回(5/17) 全日 共創館コンファランスB ファシリテーション/プロジェクトマネジメント演習
第3回〜第10回 共通講義・ワークショップ(3限〜5限 博多駅キャンパス)
5/30, 6/6, 6/20, 7/11, 7/25, 8/8, 8/22, 9/5   
第11回 発表準備のためのグループワーク       
第12回(10/7) 研究発表会(電気ビル共創館 みらいホール)
講師や日程の詳細・変更はホームページ http://planqd.kyushu-u.ac.jp/ 参照のこと。
キーワード政策デザイン 地方創生 総合戦略 地域ブランド 公共施設マネジメント オープンデータ・ビッグデータ 高齢者健康コミュニティ 
授業の進め方各回の授業は全員が参加する共通講義とグループ別のワークショップで構成される。
共通講義では各プロジェクトに関する大学教員の一般講義と自治体の実務担当者等による先進事例の講義とを行う。
ワークショップでは4つのプロジェクトごとに、社会人も交えた混成チームを編成し、グループ単位で事例研究の成果を取りまとめ、最終日に公開の研究発表を行う。
テキスト過去の政策提言報告書
参考書参考図書、関連する政策資料・文献はその都度紹介する。
学習相談随時、メールで学習相談を受け、面談や電話等による相談にも対応。
試験/成績評価の方法等授業への積極的参加40%、成果発表への貢献60%
その他谷口博文(産学連携センター)092-642-3967 taniguchi.hirofumi.369@m.kyushu-u.ac.jp
都甲康至(芸術工学研究院)togo.yasushi.231@m.kyushu-u.ac.jp
一般社会人向け「地域政策デザイナー養成講座」と一体的に運営されている。 http://planqd.kyushu-u.ac.jp/blog/
最新のスケジュールは http://planqd.kyushu-u.ac.jp/pdf/curri_2015.pdf 参照。