講義コードM3116
授業番号
授業科目名金属物理工学基礎
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分専攻科目
開講年度2015
開講学期前期
曜日時限木1
必修選択選択
単位数1.0
担当教員徳永准教授
対象学部等先端エネルギー理工学専攻
対象学年修士1年
開講地区筑紫地区
履修条件なし。
授業概要材料の結晶構造、結合力による結晶の分類、実在金属の構造、空孔及び転位などの格子欠陥、塑性変形など材料に関する基礎的事項に加え、核融合炉等で問題となる粒子線による照射損傷及び照射効果の基礎過程について講義を行う。
全体の教育目標本専攻では、大規模エネルギーの安定供給が人類の繁栄を支える重要技術課題であることを踏まえ、核融合、核分裂、水素、太陽などを利用する新型エネルギー開発とその学理に関する教育と研究を目指しているが、本講義ではそれを支える材料に関する基礎的な学理について理解する。
個別の学習目標
授業計画第1回:エネルギーと環境
第2回:材料の構造
第3回:材料の物性
第4回:材料の格子欠陥
第5回:材料の照射損傷の基礎
第6回:材料の照射効果
第7回:試験
キーワード
授業の進め方資料を随時配布する。
テキスト資料を随時配布する。
参考書幸田成康著、金属物理学序論、コロナ社など
学習相談
試験/成績評価の方法等途中段階での小レポートおよび最終試験で評価する。
その他