講義コードM3007
授業番号
授業科目名エネルギー輸送概論
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分専攻科目
開講年度2015
開講学期前期
曜日時限金1
必修選択必修
単位数2.0
担当教員藤澤教授・渡辺(幸)教授・橋爪准教授
対象学部等先端エネルギー理工学専攻
対象学年修士1年
開講地区筑紫地区
履修条件
授業概要熱統計力学の基礎から始め、プラズマ輸送、固体内物質輸送、物質内の熱や粒子輸送について重要な概念や公式、基礎方程式の解法について講義する。授業はそれぞれの分野の専門教員3名で分担して、講義形式で行い、各担当の最後に演習または試験を行う。
全体の教育目標エネルギー・物質の輸送現象をミクロからマクロへの視点で捉える統計力学的なアプローチを学ぶ。
個別の学習目標本専攻の3分野(プラズマ、マテリアル、システム)に関連したエネルギー・物質の輸送現象について共通の基礎概念や公式、基礎方程式の解法を理解して、3分野間の関連性について理解を深めることを目標とする。
授業計画第1回(藤澤):序  本講義の概要説明 
第2回(藤澤):熱統計力学の基礎(1)  エントロピーと自由エネルギー
第3回(藤澤):熱統計力学の基礎(2) 種々の分布関数
第4回(藤澤):熱統計力学の基礎(3) ボルツマン方程式
第5回(藤澤):プラズマ輸送現象(1) 粒子・運動量・熱輸送の基礎
第6回(藤澤): プラズマ輸送現象(2) 関連した最新トピックス
第7回(藤澤): 演習または試験(1) 
第8回(橋爪):固体内物質拡散(1)拡散方程式
第9回(橋爪):固体内物質拡散(2)各種拡散現象
第10回(橋爪):固体内物質拡散(3)関連した最新トピックス
第11回(橋爪):演習または試験(2)
第12回(渡辺):物質内の熱や粒子輸送(1) 熱伝導、液体・気体の粘性現象
第13回(渡辺):物質内の熱や粒子輸送(2) 中性子輸送と原子炉物理
第14回(渡辺):物質内の熱や粒子輸送(3) モンテカルロ法による物質内の放射線輸送
第15回(渡辺):演習または試験(4)
キーワード熱統計力学、プラズマ輸送、固体内物質拡散、熱・粒子輸送
授業の進め方講義形式
テキスト特になし。講義の際に資料を配布する。 
参考書ランダウ・リフシッツ統計物理学(岩波)
キッテル熱物理学(丸善)、固体内の拡散(コロナ社)、
非平衡系の統計力学(岩波)
Transport Theory(John Wiley& Sons)
学習相談特に日時は指定しない。メール等で連絡して日時を事前相談すること
試験/成績評価の方法等出席、レポート、試験に基づいて総合的に評価
- 出席点(30点) + レポート・試験評点(70点)
- 70%以上(11回以上)の出席が必要
その他