講義コード
授業番号
授業科目名全部床義歯補綴学
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分
開講年度2013
開講学期前期 (2限:講義 / 3・4限:実習)
曜日時限木2 木3 木4
必修選択必修
単位数4.0
担当教員古谷野 潔
対象学部等歯学部
対象学年学部4年
開講地区病院地区
履修条件
授業概要 全部床義歯補綴学は講義と基礎実習、そして臨床実習からなる臨床科目であるが、ここでは講義および基礎実習について記載し、臨床実習については臨床実習シラバスに記載する。
1.全部床義歯補綴学講義においては、全部床義歯補綴学の概念と目的や要件、および関連する基礎的事項について学習し、理解した後に、実際の無歯顎補綴臨床の流れに沿って必要な知識を学習する。また、全部床義歯は作製後も長期間口腔内で機能するものであるから、装着後に義歯および生体に生じる変化とその対応についても学習する
2.全部床義歯学基礎実習では、臨床の場で行われている全部床義歯の作製手順に沿って実際に全部床義歯を作製することによって、一般歯科医が身につけておくべき全部床義歯作製にあたっての基本的知識を習得する。
全体の教育目標教育目的
 本邦は世界に類を見ない超高齢化社会となっており、全部床義歯を用いた補綴治療の重要性は以前にも増して高まっている。全部床義歯補綴学は、無歯顎患者に対して全部床義歯を用いて口腔機能や審美性を回復することを主として追求する臨床歯学の一分野である。全部床義歯による補綴を実践するために必要な解剖学的、生理学的、材料学的な知識から、咬合、咀嚼に至るまでの全般的基盤的知識を教授する。加えて、全部床義歯患者に対する人間関係の構や医療人としての姿勢について考える態度を身につける。

一般目標(講義)
 無歯顎口腔の特性およびそれに関連する顎口腔系の形態的、機能的な退行性変化、ならびにこれらに関連する全身的な変化を理解し、その診査、診断、顎口腔系の保全と全身の健康維持を目的とする治療計画、治療、治療後の管理に必要な基本的な理論および実際を習得する。
個別の学習目標授業計画に記載
授業計画添付ファイル参照


講義注意事項
外来講師その他の都合で授業日程は変更される可能性があるので注意すること。
外来講師の講義内容および日程は暫定である。日程が確定したら随時通知するので、留意しておくこと。
市川 哲雄教授(徳島大学):歯科補綴治療と発音
赤川 安正教授(広島大学):無歯顎者の顎口腔機能の改善

基礎実習注意事項
1.デモおよび実習の開始10分後までに出欠の確認を行う。
  30分以上の遅刻は「欠席」と記録する。
2.実習室では必ず白衣を着用すること。
3.ステップ毎にライターのチェックを受け、その都度ライターの印鑑をもらうこと。印のないままに先に進んだ場合、印をもらったところまで戻ることがあるので注意すること。
4.一部の実習器具は必要とする期間、もしくは実習終了日まで貸与するので、各自管理すること。紛失、破損については弁償すること。
5.実習材料は実習開始前に共同購入を斡旋するので購入しておくこと。追加配布は行わない。材料を追加使用したい場合は、業者から購入すること。
キーワード
授業の進め方1.講義
 ハンドアウトや教科書、コンピュータによるプレゼンテーション、板書を使いながら進める。
2.実習
 実習内容の概説、デモンストレーションの後、各グループに分かれてライターの指導の下で、臨床操作および技工操作に関する実習を行う。また、予習と復習を必ず行い、授業中の質問などに答えられるようにしておくこと。
テキスト全部床義歯補綴学講義では以下の教科書を推薦教科書とする。
無歯顎補綴治療学:細井紀雄・平井敏博編. 医歯薬出版
コンプリートデンチャーテクニック(第6版):細井紀雄他編.医歯薬出版
参考書
学習相談 学習相談などについては随時受け付けます。事前に連絡のうえ研究室(臨床研究棟2階)に直接訪れるか、メールを利用して下さい
古谷野教授   koyano@dent.kyushu-u.ac.jp
築山准教授   tsuki@dent.kyushu-u.ac.jp
鮎川 講師   ayukawa@dent.kyushu-u.ac.jp 
森山 助教   kabay@dent.kyushu-u.ac.jp
試験/成績評価の方法等①学期末試験点数による評価(60%)
 論述式および多肢選択問題からなる客観試験とする。
②小テストの点数による評価(20%)
 講義開始前に前回の授業内容に関する多肢選択問題からなる客観試験を行う。
③実習点(実習試験を含む)による評価(20%)
 実習試験および所定の提出物を評価する。
①、②、③を合計し60点以上を合格とする。
講義、実習において出席は厳格にとることとする。病気等でやむを得ず欠席する場合は診断書を提出すること。講義は補講を行わない。実習は公欠以外の理由での欠席に対しては補講(補実習)を実施しない。九州大学および九州大学歯学部の規則等に則り学期末試験については追試験と再試験は実施する。なお、再々試験は行わない。 
その他古谷野 潔(電話:642-6441,メール:koyano@dent.kyushu-u.ac.jp)
築山 能大(電話:642-6441,メール:tsuki@dent.kyushu-u.ac.jp)
鮎川 保則(電話:642-6441,メール:ayukawa@dent.kyushu-u.ac.jp)
森山 泰子(電話:642-6441,メール:kabay@dent.kyushu-u.ac.jp)
大城 和加奈(電話:642-6441)
小野口 康(電話:642-6441)
近藤 綾介(電話:642-6441)
添付ファイル
ファイル名(file_name)備考(remarks)更新日時(updated date)
全部床義歯補綴学(授業計画).pdf 2013-04-09 20:04:20