講義コード
授業番号
授業科目名歯冠補綴架工義歯学
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分
開講年度2013
開講学期通年 (前期:月曜 /後期:木曜 / 通年:金曜)
曜日時限月2 木1 金1 金2
必修選択必修
単位数9.0
担当教員牧平 清超
対象学部等歯学部
対象学年学部4年
開講地区病院地区
履修条件
授業概要1. 歯補綴学総論
1) 歯科補綴学の意義
2) 歯科補綴学の歴史
2. 歯冠補綴架工義歯学総論
1) 要件と分類
2) 診察、診断、治療計画
3) 支台歯形成、印象採得、顎間関係の記録、咬合
4) 支台歯、支台装置 (生活歯、失活歯、インプラント)
5) 製作、試適、装着
3. 歯冠補綴学各論
1) 全部被覆冠
2) 部分被覆冠
3) 歯冠継続冠
4. 架工義歯学各論
1) 架工義歯の構成 (支台装置、ポンティック、連結部)
2) 連結法
3) 天然歯支台の架工義歯
4) インプラント支台の架工義歯
5. 顎機能障害と歯冠補綴架工義歯
6. 術後管理
全体の教育目標歯質欠損と歯列の部分的な欠如ならびに咬合の不調和などに起因する顎口腔系の形態、機能および審美障害などの疾患に対して、その診察、診断に必要な基本的事項を教授する。さらに、これらの症状、障害の回復、改善ならびに咬合の保全を図る目的で行われる咬合回復治療に必要な学理と実際を教授する。
 
軽度な疾患に対して独力で診察、診断できる能力と、治療を実施する上で必要性の高い単純な歯冠補綴処置および一歯欠如の中間架工義歯処置などの咬合回復治療が行えるレベルの知識と技術を理解し実践する。
個別の学習目標授業計画に記載
授業計画添付ファイル参照
日程は変更の場合がある。
キーワード
授業の進め方講義・実習は指定・推薦テキスト、参考書および実習補助教材(配布)に沿って行う。
講義は板書、スライド、配付資料等を用いて行う。
講義は一部、非常勤講師が担当する。
実習に必要な材料は業者から購入しておく。
実習はスライド、配付資料等を用いた事前説明後に実施する。
実習は白衣を着用し真摯に取り組む。
提出物の提出期限を守る。
講義・実習によって全項目を網羅することは困難なため自らすすんで学習する。
テキスト1. クラウンブリッジ補綴学 第4版:石橋寛二他編集 医歯薬出版
2. クラウンブリッジテクニック:石橋寛二他編集 医歯薬出版
3. エッセンシャル 口腔インプラント学:古谷野潔他編集 医歯薬出版
4. 歯科補綴学専門用語集:日本補綴歯科学会編 医歯薬出版
参考書
学習相談木曜 16:30-17:30
学習相談の希望者は事前に電子メールで相談希望日時、相談内容を連絡の上、予約する
試験/成績評価の方法等講義・実習開始時に着席しているものを出席とする。
30分以上の遅刻は欠席とし、遅刻3回を欠席1回とみなす。
講義・実習各2/3以上の出席者のみを評価する。
実習点は各段階の提出物の評価点と実習態度点の合計とする。
期末試験、実習点ともに60%以上獲得することを必要とする。
期末試験(80%)に実習点(20%)を加えて最終合否を総合的に判定する。
その他牧平清超 (電話:642-6373,メール:makihira@dent.kyushu-u.ac.jp)
諸井亮司 (電話:642-6371,メール:rmoroi@dent.kyushu-u.ac.jp)
大内田理一(電話:642-6371,メール:riichi@dent.kyushu-u.ac.jp)
篠原義徳 (電話:642-6371,メール:sinohara@dent.kyushu-u.ac.jp)
的野良就 (電話:642-6371,メール:matono@dent.kyushu-u.ac.jp)
添付ファイル
ファイル名(file_name)備考(remarks)更新日時(updated date)
歯冠補綴架工義歯学(授業計画).pdf 2013-04-04 15:04:14