講義コード
授業番号
授業科目名歯周病学 II
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分
開講年度2013
開講学期前期
曜日時限水3 水4
必修選択必修
単位数3.0
担当教員
対象学部等歯学部
対象学年学部4年
開講地区病院地区
履修条件
授業概要歯周病学Ⅱの授業は、基礎実習の形式で行い、歯周病治療を行う上で必要とされる診査法、歯周基本治療、歯周外科処置、根分岐部病変の処置などの治療手技の基本的技術を模擬体験するために、歯周病模型実習を行う。また、コミュニケーションの基本的な手法を習得するために、歯周病説明、ブラシイング指導は、ロールプレイ形式で行う。
全体の教育目標歯周病は、齲蝕と並んで歯科の二大疾患であり、成人の歯を喪失する最も大きな原因とされている。近年では、歯周病と糖尿病などの全身疾患との関連性も明らかにされてきており、歯周病を生活習慣病の一つとして対応するようになってきている。歯周病学の発展や歯周病に関する確かな知識や技術を持った歯科医師が増えることは、国民の健康に大きく貢献することになる。歯周病治療を行う上で必要な診査法や治療法及び予防のための術式に関する基本的な知識、技術および態度を身につけることを目的とする。
個別の学習目標健康な口腔の維持と歯周病の治療と予防の意義と必要性を理解し、国民に歯周病に関する適切な情報を提供するために、歯周病治療を行う上で必要な診査法や治療法及び予防のための術式が行える能力を養い、口腔単位の治療の実際を理解し修得する。
個別到達目標は授業計画に記載。
授業計画添付ファイル参照
キーワード
授業の進め方各実習前に、プリント、スライドプロジェクターを使い実習内容を説明し、実習用顎模型を用いたシミュレーション実習形式で行う。
「歯周病説明」「ブラッシング指導」では、ロールプレイ形式で行う。
「症例検討」では、スライドプロジェクターを用いた発表形式で行う。
事前にWeb CTでの予習が望ましい。
注意事項
1.実習開始10分後までに出欠の確認を行う。
2.実習室では白衣を着用すること。
3.ステップ毎にライターのチェックを受け、その都度ライターの印鑑をもらうこと。
4.実習中に貸与した器具は、実習終了後返却すること。紛失、破損については弁償してもらう。
5.毎回、レポート課題をだすので、次回の実習前に提出すること。
6.病気等でやむを得ず欠席する場合は診断書を提出することとし、正当な理由以外での欠席に対しての実習の補講は行わない。
テキスト1.臨床歯周病学:吉江弘正、伊藤公一 他編集、医歯薬出版
2.ザ・ペリオドントロジー: 和泉雄一、沼部幸博 他編集、永末書店
3.最新歯周病学:加藤 熈、医歯薬出版
参考書
学習相談日時:毎週 金曜日 午後5時から6時まで
場所:歯学研究院棟本館3階 歯周病学分野教授室
試験/成績評価の方法等①学期末定期試験による評価(50%)
②実習試験による評価(30%)
③実習課題レポートによる評価(20%)
①②③の合計点の60%以上の得点を合格とする。
病気等でやむを得ず欠席する場合は診断書を提出することとし、実習の補講は行わない。
九州大学及び九州大学歯学部の規則等に則り学期末試験については追試験と再試験を実施する。
その他相田宜利(電話:642-6357、メール:yaida@dent.kyushu-u.ac.jp)
濱地貴文(電話:642-6357、メール:thamachi@dent.kyushu-u.ac.jp)
藤瀬 修(電話:642-6357、メール:fujise@dent.kyushu-u.ac.jp)
椛島浩明(電話:642-6358、メール:hkabashi@dent.kyushu-u.ac.jp)
讃井彰一(電話:642-6358、メール:sanuteru@dent.kyushu-u.ac.jp)
浦真由美(電話:642-6358、メール:mayu@dent.kyushu-u.ac.jp)
松崎英津子(電話:642-6358、メール:etsukom@dent.kyushu-u.ac.jp)
添付ファイル
ファイル名(file_name)備考(remarks)更新日時(updated date)
歯周病学II(授業計画).pdf 2013-03-26 20:03:42