講義コードM0008
授業番号
授業科目名Introductory Writing in English
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分共通科目
開講年度2012
開講学期後期
曜日時限月2 月3 火3 火4 木4
必修選択選択必修
単位数2.0
担当教員Keiko James
対象学部等全専攻 (All departments of the faculty)
対象学年修士1年 修士2年
開講地区筑紫地区
履修条件修士1年
初級コースであるため、中級以上の力を有するものは対象外とする。
授業概要英語論文の構成を学ぶ事がこの授業の趣旨ですから、トピックを選んでから見直しや書き直しの段階まで一通り練習する。授業中に基本のポイントを学び、宿題で書いた文章をグループやペアで読み合って上達を目指します。

全体の教育目標英語論文をより容易に書けるようになる事が一番の目標です。特に書き始める前の準備段階を重視します。最終的に論理的で分かりやすい英語論文を書くことができるよう目指します。
個別の学習目標英語論文の構成を十分理解するため、実践的な練習をこなし、授業中に意見交換をしながらコミュニケーションをとる事。
授業計画Overview: 総論
Initial Planning: 始めに考える事
Planning and Organizing: 論文の構成を考える
Researching: 研究する
Writing the Research Paper: Introduction, Body and Conclusion:論文の三要素
Completing the Research Paper: 論文を完成させるために
キーワードRead and write a lot in English
授業の進め方Lectures with Power Point presentations, writing exercises, and group activities
テキストアカデミックライテイング入門
英語論文作成法
吉田友子
慶應義塾大学出版会
参考書
学習相談By appointment only
試験/成績評価の方法等Participation 30%; Homework exercises 30%; Writing assignments 40%

その他• Attendance at lectures (Attendance policy will be explained on the first day of course.)
• Completion of homework
• Classroom discussion and questions are encouraged
•Students are required to purchase the textbook and are expected to attend all classes. Since participation is an important part of the class, students who are absent or late will receive lower participation scores.