講義コード10349007
授業番号
授業科目名山地森林管理学
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分専攻教育科目
開講年度2010
開講学期前期
曜日時限集中
必修選択選択
単位数2.0
担当教員榎木 勉・内海泰弘・智和正明
対象学部等地球森林科学コース
対象学年学部3年
開講地区箱崎地区
履修条件宮崎演習林(椎葉村)で開講するため、交通費、宿泊費、食費などが必要となる。
北海道演習林(足寄町)で開講する北方圏森林管理学とセットで受講するとより理解が深まるので可能であれば受講すること。
授業概要宮崎演習林において、山地の森林生態系の特徴を解説する。
講義および、現地見学、現地実習を通じて山地森林生態系の利用、保全、管理について考察する。
全体の教育目標森林生態系の管理に関する基礎的な知識と考え方の習得

個別の学習目標樹木の種同定ができる
植生調査道具を利用し、森林構造の測定ができる
土壌調査道具が利用し、森林土壌の観察ができる
森林生態系の特徴を説明できる
森林生態系管理について議論できる
授業計画9月13日:森林生態系の管理に関する講義
9月14日:森林の構造および動態に関する講義と現地見学、樹木同定試験、
    シカ個体群調査
9月15日:植生調査、土壌調査、データ解析、中間発表
9月16日:グループ別調査、レポート作成
9月17日:成果発表
キーワード樹木形態・森林生態系・森林動態・森林土壌・宮崎演習林
授業の進め方
テキスト九州大学演習林の樹木、ほか
参考書九州大学演習林の樹木、ほか
学習相談開講期間の17:00-18:00
および電子メールで調整後随時
試験/成績評価の方法等出席状況・・・・・・・20%
樹種同定試験・・・・・30%
プレゼンテーション・・30%
レポート・・・・・・・20%
その他9月13日はJR人吉駅集合
9月17日はJR人吉駅解散
問い合わせは榎木まで
enoki@forest.kyushu-u.ac.jp