講義コード10341202
授業番号
授業科目名土質理工学Ⅱ
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分専攻教育科目
開講年度2010
開講学期前期
曜日時限月3
必修選択必修
単位数2.0
担当教員大坪政美
対象学部等地域環境工学分野
対象学年学部3年
開講地区箱崎地区
履修条件土質理工学Ⅰの内容を十分に理解していることが基本である。授業は各回が完結型ではなく,互いに深く関連しているので,本科目を十分に理解するには全授業に出席することを強く希望する。
授業概要土質理工学Ⅱは,自然環境と調和した地域環境の整備・保全に関わる基礎理論,応用理論に関連する科目の一つである。本授業では,土の理工学的性質,特に,土のせん断特性について理解し,土質理工学の応用分野である擁壁や矢板に作用する土圧の問題,斜面の安定問題について理解を深める。以上のことを修得することは,豊かな国土,快適な農村空間を創るために地盤工学的な側面から大きく寄与する。授業では概念を説明するだけでなく,それに関連する演習を各授業時間に行い,実務に十分に対応できるような授業形態をとる。
全体の教育目標1.モールの応力円の概念を地盤内の応力との関係で理解する。
2.土のせん断特性を理解する。
3.クーロン・ランキン土圧の概念と擁壁に作用する土圧の計算法を修得する。
4.斜面の安定解析法,基礎の支持力を理解する。
個別の学習目標
授業計画第1回  土の強度の一般的概念
第2回  土中の応力,モールの応力円
第3回  モールの応力円
第4回  クーロンの式,モール・クーロンの破壊基準
第5回  せん断試験の種類と方法
第6回  土圧の一般的考え方
第7回  クーロン土圧(1)
第8回  クーロン土圧(2)
第9回  ランキンの土圧,主働土圧と受動土圧(1)
第10回 ランキンの土圧,主働土圧と受動土圧(2)
第11回 擁壁の安定
第12回 斜面の安定の考え方
第13回 斜面の安定解析(1)
第14回 斜面の安定解析(2)
第15回 学期末試験授業内容の理解を高めるために,授業の中で演習を行い,その解法を説明する。所定の授業回数に達しない場合は補講を実施する。学期末試験の解答用紙は採点後返却する。
キーワード土のせん断,土圧,斜面の安定,支持力,基礎
授業の進め方
テキスト西田一彦他著 土質工学 鹿島出版会
参考書
学習相談月曜日 16:30~17:30 (農学部2号館204号室)
この時間以外でも ohtbubo@bpes.kyushu-u.ac.jp に連絡をすれば可能
試験/成績評価の方法等学期末試験を受験するには,全授業回数の2/3以上の出席日数が必要である。成績の評価は,学期末試験と小テストにより総合的に行う。
その他