講義コード10343605
授業番号
授業科目名生物生産システム工学測定法
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分専攻教育科目
開講年度2010
開講学期後期
曜日時限水2
必修選択必修
単位数2.0
担当教員内野 敏剛,田中史彦,光岡宗司
対象学部等生物生産科学コース
対象学年学部2年
開講地区箱崎地区
履修条件特になし。
授業概要生物生産システム工学分野(生物生産工学、生産流通科学)における諸課題を解決するために必要な基本理論、計測方法等を解説する。
全体の教育目標生物生産システム工学研究および実験・実習において必要となる基礎的な理論を理解する。
個別の学習目標
授業計画1. SI単位系、統計処理、誤差の取り扱い等、実験データ処理の基本的な考え方について
2. ひずみ式変換器の基礎理論
3. 振動加速度の6自由度成分測定法
4. 変動データの時系列解析
5. 画像処理の基礎理論
6. その他、生物生産工学研究の最前線
7. クロマトグラフによる分析の基礎
8. 顕微鏡観察の基礎
9. 温・湿度測定の基礎
10. 微生物測定の基本的な考え方
11. その他、生産流通科学研究の最前線
キーワード生物生産工学、生産流通科学、計測理論、計測基礎
授業の進め方
テキスト随時紹介する。
参考書
学習相談オフィスアワー
光岡 水曜17:00~18:00 メールでも対応します。
濱中 月曜17:00~18:00 メールでも対応します。
試験/成績評価の方法等出席状況と学期末に行う筆記試験の結果により総合的に判定する。
その他