講義コード
授業番号
授業科目名職業指導学
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分低年次専攻教育科目
開講年度2010
開講学期前期集中
曜日時限集中
必修選択選択
単位数2.0
担当教員永田 萬享
対象学部等各コース共通
対象学年
開講地区箱崎地区
履修条件
授業概要 授業では、モノを作ることや働くことによって姿を現してくる職業社会と人間の関係に見られる奥深い真実の世界を、仕事、労働教育という視点から現実の企業社会、労働社会の織りなす具体的なデ-タにもとづいて検討を加える。
全体の教育目標社会生活の中で職業が果たす役割・機能、意義について理解を深めるとともに、職業的自立へ向けた活動の重要性を理解すること。
個別の学習目標
授業計画1 学校から職業への移行2 若者の意識、欧米の比較3 近年の大きな変化4 若年失業者の増大5 若年労働市場の構造の変化6 就職からの撤退とその要因7 社会的支援の必要性8 教育現場の就業体験9 職業教育機関の視察調査
キーワード学校から職業への移行 キャリア教育 労働と職場の現実 職業教育・訓練
授業の進め方
テキスト木村保茂、永田萬享『転換期の人材育成システム』学文社、2005年、その他適宜、資料は配付する。
参考書
学習相談
試験/成績評価の方法等成績評価は試験、講義の合間に行うレポ-ト、出席状況などを勘案して総合的に判定する。
その他講義の合間に職業教育機関の視察調査を半日程度予定している。