講義コード10344670
授業番号
授業科目名アグリフードシステムと農学
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分低年次専攻教育科目
開講年度2010
開講学期後期
曜日時限木2
必修選択選択必修
単位数2.0
担当教員福田晋 他
対象学部等各コース共通
対象学年学部1年
開講地区箱崎地区
履修条件特になし
授業概要広範な農学分野の技術進歩の農林水産業及び関連産業への適用、その企業形態の変化、第一次産業の持つ多面的機能、食品産業の台頭と貿易の拡大を伴った食料消費の多様化とその結果における食料自給率、アジアの農業・食糧・生物・森林資源問題等について概説する。
全体の教育目標グロバール化した現代社会の中において、第一次産業の持つ特質を理解した上で、第二次、第三次産業との関連でトータルとしての「アグリフードシステム」という概念で把握するとともに農林水産業に係る食料・資源問題を説明できるようにする。
個別の学習目標農林水産業をとりまく社会経済情勢を概観し、多様な問題について自分なりの意見を持てるようにする。
授業計画1.食料の消費とフードシステム (流通)     
2.食料流通の特質とマーケティング(流通)
3.アグリフードシステムと農業経営(流通)   
4.環境保全と農業経営(経営)
5.農業の経営形態と経営問題(経営)      
6.食料産業と自給率(システム)
7.食料貿易とWTO農業交渉 (システム)   
8.農業環境プログラムの国際比較(環境)
9.水産業の特質と海洋資源管理(海洋生物学) 
10.協同セクターと日本の農協(農政)
11.日本の食料・農業政策(仮)(農政)   
12.世界の食料需給と食料安全保障政策(農政)
13.林業の特質と森林資源管理(森林政策)  
14.農業の多面的機能と現代の食生活(環境)
15.テスト
キーワードアグリフードシステム、技術進歩、企業形態、自給率、多面的機能
授業の進め方教員の配布する資料をもとに講義形式で行う。
テキスト講義資料の配布と参考書の紹介
参考書
学習相談開講学期の木曜日12:15~13:00
試験/成績評価の方法等学期末の筆記試験の成績により90%、出席10%により評価する。
その他