講義コード10345275
授業番号
授業科目名基礎化学B
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分低年次専攻教育科目
開講年度2010
開講学期前期
曜日時限金2
必修選択選択必修
単位数2.0
担当教員木村 誠(代表)
対象学部等各コース共通
対象学年
開講地区箱崎地区
履修条件特に無し
授業概要核酸、タンパク質、糖、脂質の構造について講義し、各生体分子の機能について概説し、生化学の基礎である生体分子の構造と機能に対する理解を深める。
全体の教育目標生体分子の構造、性質、および機能に対する理解を深める。
個別の学習目標
授業計画第一回 講義概要と分子生物学のセントラルドグマについて
第二回 ヌクレオチド、核酸、遺伝情報:ヌクレオチドと核酸の構造と概論
第三回 ヌクレオチド、核酸、遺伝情報:塩基配列決定法と組換え技術
第四回 アミノ酸とタンパク質の一次構造
第五回 タンパク質の一次構造:アミノ酸配列決定法とタンパクの進化
第六回 タンパク質:三次元構造
第七回 タンパク質の機能 I:ミオグロビンとヘモグロビン
第八回 タンパク質の機能 I:協同性と異常ヘモグロビン 
第九回 糖と多糖
第十回 糖と多糖:糖タンパク
第十一回 脂質と生体膜:脂質の分類と二分子膜
第十二回 脂質と生体膜:膜タンパクと膜の構造と形成
第十三回 輸送の熱力学と受動仲介輸送
第十四回 能動輸送
キーワード生体分子、核酸、タンパク質、糖、脂質
授業の進め方教科書を中心に授業を行う。
テキスト田宮信雄ら訳「ヴォート基礎生化学 第二版」東京化学同人
参考書
学習相談開講期間毎週金曜日午後0時~1時。
試験/成績評価の方法等出席と学期末の筆記試験の成績により評価する。
その他応用生物科学コースおよび動物生産科学コース進学希望者は履修しておくことが望ましい