講義コード
授業番号
授業科目名電波伝搬特論
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分アドバンス科目(情報エレクトロニクス分野)
開講年度2009
開講学期後期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員吉富邦明
対象学部等システム情報科学府・電気電子工学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件履修条件は特に定めない.
授業概要電磁波は情報の通信、センシング、環境モニタリングなど、情報エレクトロニクスに関わる分野で益々その有用性が高まっている。本講義では、電磁波の送受を担うアンテナの理論、媒体中における電磁波の伝搬特性について理解するとともに、電磁場の数値解析法について学ぶ。
全体の教育目標アンテナの動作原理や電波伝搬の様子をマクスウェルの方程式をもとに理解することを目標とする。
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画第1~2回 アンテナおよび電波伝搬理論の概説
アンテナの放射機構を表す基本公式をMaxwellの方程式から導出し、
      アンテナの基本特性を表す各種の用語を学習する
第3~4回 小型アンテナ
小型ダイポールアンテナとループアンテナの特性を学習する
第5~6回 アンテナの配列と指向性の合成
アンテナを配列したときの指向性について学習する
第7~9回 各種アンテナの形状と動作原理および特性
        線状アンテナ、平面型アンテナ、開口アンテナ等の特性について学習する
第10~11回 アンテナの計測技術と電波伝搬特性
          アンテナの送信・受信システム、放射指向性計測について学習する
第12~15回 アンテナの数値解析
         モーメント法、FDTD法、高周波近似法等のアンテナ解析に使われる手法
について学習する
キーワード アンテナ、電波伝搬
授業の進め方配布資料を中心に授業を行います.課題を提示し,レポートの提出を求めます。
テキストW.L.Stutzman and G.A.Thiele,"Antenna Theory and Design," John Wiley & Sons, Inc., 1998. 等
参考書
学習相談教員室(場所は授業中に提示する)で学習相談を行います.希望する者は,事前に電子メールで相談希望日時,相談内容を連絡し,予約して下さい.
試験/成績評価の方法等課題レポート(30%) 定期試験(70%)
その他電磁波の振る舞いとマクスウェルの方程式の関連性が理解できるような講義にしたい.