講義コード
授業番号
授業科目名集積回路設計基礎特論演習
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分コア科目(情報エレクトロニクス分野)
開講年度2009
開講学期後期
曜日時限
必修選択選択
単位数1.0
担当教員服部励治
対象学部等システム情報科学府・電気電子工学専攻
対象学年修士1年 修士2年 博士1年 博士2年 博士3年
開講地区伊都地区
履修条件併行して開講する「集積回路設計基礎特論」を履修する必要がある。
集積回路工学,VLSI 工学,電子回路を受講していることが望ましい。
授業概要アナログLSIの回路設計,レイアウトの具体的な手法と基礎を学ぶ.
全体の教育目標最終的に一人でアナログLSIの設計からレイアウトまでできるように基本的アナログ回路の動作原理から,レイアウト手法までを習得する
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画1. SPICE演習(1)
2. SPICE演習(2)
3. SPICE演習(3)
4. SPICE演習(4)
5. SPICE演習(5)
6.レイアウト演習(1)
7. レイアウト演習(2)
8. レイアウト演習(3)
9. レイアウト演習(4)
10. レイアウト演習(5)
11. レイアウト演習(6)
12. LVS演習(1)
13. LVS演習(2)
14. LVS演習(3)
キーワードSPICE回路シミュレーション、レイアウト、LVS
授業の進め方配布資料を中心に授業を行います.課題を提示し,レポートの提出を求めます。
テキスト
参考書
学習相談教員室で学習相談を行う.希望する者は,事前に電子メールで相談希望日時,相談内容を連絡し,予約すること.
試験/成績評価の方法等出席(50%),課題レポート(50%)
その他アナログLSIを実際に作ってみたい人のための基礎講座