講義コード
授業番号
授業科目名電子材料基礎特論
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分コア科目(情報エレクトロニクス分野)
開講年度2009
開講学期後期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員栗焼久夫
対象学部等システム情報科学府・電気電子工学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件なし
授業概要電子デバイスの作製に必要となる種々の材料の内、半導体、誘電体、導電体の物性基礎論、ならびにこれらの材料の組み合わせで実現可能な電子機能について解説する.
全体の教育目標学部生向け水準の基礎的内容から始めて、電子デバイスへの利用にまでの高度な内容も含め、電子材料を体系的に理解することを目標とする.
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画授業は次の項目で構成する.コマ数は目安であり、授業の進み具合によって調整する.                                         1.電子材料の物性(原子構造、化学結合、結晶構造、熱力学・統計力学、量子力学)(2コマ)
  電子材料の基礎となる量子力学、統計力学の初等的内容、及び結晶構造を理解できるようにする.
2.導電体(金属の自由電子モデル、電気伝導、イオン伝導)(2コマ)
  物質の導電性を担う電子伝導及びイオン伝導を理解できるようにする.
3.誘電体(巨視的性質、誘電分極、誘電分散、緩和時間、強誘電体)(1コマ)
  誘電体を初等電磁気学から説明し、電子デバイス材料としての誘電性を理解できるようにする.
4.半導体(エネルギーバンド構造、キャリア、表面及び界面)(3コマ)
  エネルギーバンドによる電子構造を理解して、半導体及び異種材料接合での界面における外場中キャリアの動態を理解できるようにする.
5.オプトエレクトロニクス材料(光と物質の相互作用、受光材料、発光材料、光伝送材料)(2コマ)
  光と物質の相互作用を理解して、それを用いた受動的、能動的なオプトエレクトロニクス材料を理解できるようにする.
6.電子機能性材料(ナノ材料、エネルギー変換材料、低次元材料)(2コマ)
  電子機能材料における近年のトピックスを理解できるようにする.
7.電子材料評価法(結晶構造分析、組成分析、表面分析、電子構造分析)(2コマ)
  電子材料の評価手法を理解できるようにする.
キーワード電子材料、導電体、半導体、誘電体、オプトエレクトロニクス
授業の進め方各回において前半に講義を行い、後半に講義内容に沿った小テストや、レポートの提出を求める.
テキスト配布資料を元に講義する.
参考書
学習相談教員室(W2号館、4階、447号室)で学習相談を行います.希望する者は、事前に電子メールで相談希望日時、相談内容を連絡し、予約して下さい.
試験/成績評価の方法等小テスト及びレポート(50%)
定期試験(50%)
その他電子材料を体系的に理解してほしい.