講義コード
授業番号
授業科目名大規模システム構築特論
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分アドバンス科目
開講年度2009
開講学期後期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員荒木教授・非常勤講師
対象学部等システム情報科学府・情報知能工学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件
授業概要大規模システム開発における技術的課題とそれらに対する対応策を実例に基づいて紹介する。
全体の教育目標大規模システム開発現場における技術的な問題を認識して、それらを解決するための技術を知る。
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画授業は次の項目で構成する。
1. 大規模システム構築特論の全体像
 大規模システム構築特論の講義の進め方、評価の方法など
2. 経営戦略からIT戦略策定、知識経営へ
 事業環境から経営戦略立案、IT戦略策定、IT戦略実行フェーズ
3. 大規模システム構築のマネジメント
 計画時のマネジメント、実行時のマネジメント、プロセスの概念、プロセス改善、など
4. 大規模システム開発の現実と面白さ
5. 大規模システム構築の企画・要件管理
 ステークホルダーマネジメント、要件定義、要求分析、RFP、調達、契約
6. ソフトウェア設計
7. 品質マネジメント
 テスト、レビュー、教育
8. 大規模システム開発プロジェクトの監査
 大規模プロジェクトの監査、PMOのミッションと活動について講義する
キーワードシステム開発、IT戦略、プロジェクト管理、ソフトウェア品質
授業の進め方事前に提示された講義資料をもとに予習し、授業の中で受講生主体の討論も行う。毎回の授業終了後には受講生が講義ノートを作成する。
テキスト
参考書
学習相談それぞれの講師が指示する方法で連絡をしてください。
試験/成績評価の方法等演習課題およびレポート
その他