講義コード
授業番号
授業科目名組込みシステム特論II
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分アドバンス科目
開講年度2009
開講学期後期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員福田教授・中西准教授・非常勤
対象学部等システム情報科学府・情報知能工学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件履修条件は特に定めない.
授業概要近年,ますます重要となっている組込みシステムについて,開発方法,設計技術を講述する.
全体の教育目標組込みシステムについて,開発方法,設計技術を理解できるとともに,説明できるようにする.
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画授業は次の項目で構成する.

内容:組込みシステムの設計/開発方法,事例

1.組込みシステム開発概論
 組込みシステムの開発のための方法論,要素技術について講述する.

2.ソフトウェアプロダクトライン開発方法
 戦略的/計画的な開発方法として近年注目を集めているソフトウェアプロダクトライン開発方法について,その基本理念,特徴,各種要素技術を講述する.

3.モデル駆動アーキテクチャ
 モデルを元にしたソフトウェア開発であるモデル駆動アーキテクチャについて,概念,基本的手法,要素技術を講述する.

4.構造化分析設計
 構造化分析設計の概念,基本的手法,要素技術を講述する.

5.プロジェクト管理
 大規模/複雑化している組込みシステム開発で必須となるプロジェクト管理について講述する.

6.開発事例
 実際に企業で開発している組込みシステムをいくつか紹介し,実践的知識を講述する.
 事例として,下記を取り上げる予定である.
 6.1 マッサージチェア
 6.2 人工衛星
 6.3 クルマ
キーワード組込みシステム,組込みソフトウェア,ソフトウェアプロダクトライン工学,MDA,プロジェクト管理
授業の進め方配布資料を中心に授業を行います.適宜,課題を提示し,レポートの提出を求めます.
テキスト講義中に適宜示します.
参考書
学習相談教員室(場所は授業中に提示する)で学習相談を行います.希望する者は,事前に電子メールで相談希望日時,相談内容を連絡し,予約して下さい.
試験/成績評価の方法等出席状況,レポートなどにより総合的に判定する.
その他組込みソフトウェアの開発方法の重要性を学生に伝えたい.