講義コード
授業番号
授業科目名ソフトウェア工学特論
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分アドバンス科目
開講年度2009
開講学期後期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員荒木 教授
対象学部等システム情報科学府・情報知能工学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件プログラミングの経験を有することが望ましい
授業概要ソフトウェア工学の分野において、ソフトウェアの開発プロセス、ソフトウェアの品質特性、フォーマルメソッドに基づくソフトウェア開発、ソフトウェアのテストなどの主要な話題について講義する。
全体の教育目標ソフトウェアおよびソフトウェア開発の特質を理解するとともに、信頼性をはじめとするソフトウェアの各種性質を客観的に論じることができるようになること。
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画授業は次の項目で構成する.コマ数は目安であり,授業の進み具合によって適宜調整する.
1 ソフトウェア工学とは(1コマ)
 ソフトウェア工学という分野が発生した背景を説明し、ソフトウェアおよびソフトウェア開発の特質について論じる。
2 ソフトウェア開発プロセス(2コマ)
 ソフトウェア開発の代表的なプロセスモデルを紹介し、それぞれの特徴を述べる。
3 ソフトウェア品質特性(1コマ)
 ソフトウェアの品質特性について概説する。
4 フォーマルメッソッド概説(3コマ)
 フォーマルメソッドの概要を述べて、形式仕様記述の具体例を示す。
5 フォーマルメッソッドに基づくソフトウェア開発(2コマ)
 フォーマルメソッドに基づくソフトウェア開発法について説明し、実際の開発事例の紹介を行う。
6 ソフトウェアのテスト(5コマ)
 ソフトウェアの信頼性を保証する方法の一つとしてのテスト技法を紹介する。

キーワードソフトウェア工学、ソフトウェア開発プロセス、フォーマルメソッド、ソフトウェアのテスト
授業の進め方課題を提示し,レポートの提出を求めます。
テキスト講義中に紹介します。
参考書
学習相談随時、連絡してください。
試験/成績評価の方法等演習課題およびレポート
その他