講義コード
授業番号
授業科目名社会情報システム工学インターンシップ
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分講究科目(社会情報システム工学コース)
開講年度2009
開講学期前期・後期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員
対象学部等システム情報科学府・情報知能工学専攻
対象学年修士1年 修士2年
開講地区伊都地区
履修条件
授業概要主に企業や非営利団体等での就業体験を通じて,社会の現場を経験し,現状を理解する.また,自らの能力や適正を客観的に評価する.さらに,将来のキャリアプラン作りにも役立てることを目的とする.開始前には,学生の能力や性格,希望分野などの適正を考慮しながら相手先(企業)を選択する.
全体の教育目標企業現場での実際のプロジェクト経験を通して自分の能力を客観的に評価し、自らの足りない部分への気付きを得るとともに,今後の学習に活かす.
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画実習はインターンシップ先で実施する.
1 インターンシップの実施機関と場所.
 a.原則1ヶ月以上の実習を行う必要がある.
b.国内外の企業及び公設研究所,あるいは社会情報工学コースが認めた学内プロジェクトに限る.
2 実習終了後,以下の資料をインターンシップ担当教員に提出しなければならない.
 a..実習先からの報告書.
 b.実習先との話し合いによって決めたテーマもしくは課題への取り組み内容とその結果に対する考察についてのレポート(A4,6枚程度)
キーワードインターンシップ
授業の進め方実習はインターンシップ先で実施する.
テキスト
参考書
学習相談希望者に対しては,QITO推進オフィス(508号室)で随時,学習相談を行います.
試験/成績評価の方法等インターンシップのレポートおよび実習先からの報告書をもとに評価する.
その他企業の人達や他大学の学生と積極的に交流して自らの視野を広げて欲しい.