講義コード
授業番号
授業科目名ゲーム理論
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分コア科目(人工知能)
開講年度2009
開講学期前期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員横尾真
対象学部等システム情報科学府・情報学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件特に定めない.
授業概要知的エージェントが意思決定を行う際には,他にどのようなエージェントが存在するか,また,それらのエージェントがどのような行動を選択するか等を考慮する必要がある.フォン・ノイマンらによって提唱されたゲーム理論は,このような状況での合理的なエージェントの行動を理論的に究明することを目的とする.本講義では,ゲーム理論の基礎の解説を行い,さらに,ゲーム理論の応用として,オークションの理論について解説する.具体的には,競り上げ式,競り下げ式,秘密入札式等の,様々なオークション/入札のルールの性質を示す.さらに,より一般的なグループ意思決定のルールの設計方法を対象とする制度設計 (メカニズムデザイン) の理論について概説する.
全体の教育目標ゲーム理論で用いられる基礎的な用語について理解を深め,現実の意思決定の場面でゲーム理論的な思考を適用可能とする.様々な均衡概念について理解を深め, 制度設計理論の基礎について理解する.
個別の学習目標授業計画を参照のこと.
授業計画授業は次の項目で構成する.回数は目安であり,講義の進捗状況によって変化する.
1. ゲーム理論の概要           
2~3. ゲーム理論の基礎           
4. ナッシュ均衡    
5. ゲーム実験            
6~7. ゲーム木探索       
8~10. オークションの基礎
11. オークション実験
12~13. 組合せオークション
14~15. 制度設計理論
キーワードゲーム理論,メカニズムデザイン,オークション理論
授業の進め方配布資料を中心に授業を行う.
テキスト横尾 真,「オークション理論の基礎」東京電機大学出版会 (2006)
参考書
学習相談教員室(場所は授業中に提示する)で学習相談を行う.希望する者は,事前に電子メールで相談希望日時,相談内容を連絡し,予約すること.
試験/成績評価の方法等講義中の演習,出席状況,学期末試験の結果により総合的に評価する.
その他ゲーム理論のおもしろさを分かってもらえるような講義にしたい.