講義コード
授業番号
授業科目名認知科学
科目名(英題)
講義題目
授業科目区分コア科目(人工知能)
開講年度2009
開講学期前期
曜日時限
必修選択選択
単位数2.0
担当教員森周司
対象学部等システム情報科学府・情報学専攻
対象学年修士1年
開講地区伊都地区
履修条件特になし
授業概要人間の知的活動、即ち、知覚、記憶、意思決定、推論など、を情報処理過程とみなして研究する認知科学について学ぶ。
全体の教育目標認知科学の基本的知識を理解し、人間の知的活動の仕組みとその工学的実現を習得する。
個別の学習目標授業計画を参照のこと。
授業計画授業は次の項目で構成する.コマ数は目安であり,授業の進み具合によって適宜調整する.
1 序論(1コマ)
2 知覚情報処理(5コマ)
 知覚の中でも特に視聴覚に焦点を絞り、感覚刺激から認識に至る情報処理過程、異なる感覚間の相互作用について学ぶ。
3 記憶 (3コマ)
 古典的な記憶のボックスモデルから、陳述的記憶や意味記憶、記憶の数理・工学的モデルについて学ぶ。
4 意思決定(3コマ)
 感覚判断での信号検出理論、社会的な意思決定過程、不確定性状況下での意思決定過程について学ぶ。
5 推論(2コマ)
 知覚的補完や予測など、情報処理過程全般における推論について学ぶ。
キーワード認知科学、知覚、記憶、意思決定、推論
授業の進め方視聴覚教材や配布資料を用いて行なう。適宜課題を提示する。
テキスト教科書は使用しない。参考図書は授業中に指示する。
参考書教科書は使用しない。参考図書は授業中に指示する。
学習相談教員室(場所は授業中に提示する)で行なう。希望する者は,事前に電子メールで相談希望日時,相談内容を連絡し,アポイントメントを取ること.
試験/成績評価の方法等課題及び出席状況(30%)
筆記試験(70%)
その他一般的な工学研究とは異なる認知科学の面白さを伝える。